城ケ島観光協会の役員の方々と打合せをしました。


2015年10月13日19:00、城ケ島 漁村センターにて城ケ島観光協会の役員の方々と打合せをして参りました。

町おこしに関係する新しい展開は、あくまでも城ケ島の住民の方々、そして城ケ島で働いておられる現場の方々、その一人ひとりの方々が基本的に『主役』でございます。

今現在の世の中の流れはトップダウンが主流であり、現場に携わる方々の気持ちや考えなどは判断材料として反映されにくい世の中でございます。しかし、実際には現場で物事が始まり、現場でその結果が出ています。トップに振り回され努力が報われない現在の社会制度によって、現場の方々は非常に悩み、疲れ果て無気力になっています。まるで感じないこと、考えないことが精神的な安定剤のようです。

私たちは、三浦市観光協会ではなく、そこで暮らす城ケ島観光協会の方々を中心にして熱い想いを発展させ、ボトムアップを実現する過程を通るべきだと考えます。

私たちは上からの目線で取り組むのではなく、地元の方々に寄り添い、まずは少しでも多くの地元の方々に、地元城ケ島の素晴しい遺産・財産を感じ取っていただき、そして先代から続く土地である城ケ島に自信と誇りをもち、一丸となって『城ケ島のPR』を展開していく方向を目指します。

もちろん城ケ島などの地元の方々が中心になって物事を進めていくことが本質でありますので、あくまでも城ケ島の方々の意見などを踏まえた上で城ケ島の方々を中心にパワースポットを実現していくことにしております。(今回も60代の女性経営者の方から、龍神様のお話を新たに教えていただきました。女性経営者も先代の親から多くの龍神様のお話を伝承されておりました。実際、多くの事柄で助けられてきた事実が存在しています。)

また近い将来を明るい未来にし、多くの子供達の未来を照らさなければなりません。今の現状の不平不満を嘆いているだけでは、将来のある子供達には何も残すことはできません。明るい未来を子供たちに残すためには、行政などの『白馬の王子様』が、世の中を改善してくれるなどと期待する前に、自分たちが率先して手を挙げ、自ら進んで自分の手を汚し、正々堂々と人様の前で恥と汗をかき、みなさまと一緒に目標に向かって一致団結することによって、不景気の現状を明るく楽しい未来に変えていける残された唯一の方法であると考えます。

今の三浦市の現状は最悪と言われています。今こそ行動を起こさないと、もう二度とこのような機会は無いことでしょう。今、行動を起こせるのは現世代の大人達でしかありません。将来を見据えて、われわれ大人達が立ち上がり明るい未来を子供達に創っていきましょう。

三浦の交通の便は、非常に優れています。箱根や江ノ島などの観光地と比べても同等かそれ以上です。江ノ島に追いつき、江ノ島を追い越しましょう(笑)『観光地、復活』です。

私たちの一人ひとりの意識が変わることが、すべての始まりです。私たちに御賛同をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

以下は、当日に城ケ島観光協会の役員さまにお渡ししたプレゼン資料です。

スライド1 スライド2 スライド3 スライド4 スライド5 スライド6 スライド7 スライド8 スライド9 スライド10 スライド11 スライド12 スライド13 スライド14 スライド15 スライド16 スライド17 スライド18 スライド19 スライド20 スライド21 スライド22 スライド23 スライド24 スライド25 スライド26 スライド27 スライド28 スライド29 スライド30 スライド31 スライド32 スライド33 スライド34 スライド35 スライド36 スライド37 スライド38 スライド39 スライド40 スライド41 スライド42 スライド43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です