2016-02-13 (9) (2)

海外メディアでの反応 三浦『小桜姫』


グローバルニュースアジア

たまたま数年前に研修で日本に来ていたタイ人女性のSNS投稿がキッカケで、タイ国内で話題になっている。

2016-02-13 (7) (2) 2016-02-13 (5) (2) 2016-02-13 (9) (2) 2016-02-13 (8) (2) 2016-02-13 (6) (2)

『小桜姫神社』パワースポットとして、海外で認知され始めました。

2016年2月11日、日本を訪れる観光客の多いタイ。日本を紹介するテレビ番組も高視聴率で関心の高さを示している。

まだ、タイのテレビ番組では紹介されていないが、日本の隠れたスポット、三浦半島の小桜姫の祠(どうくつ)が話題になっている。

数年前にたまたま、研修で同地を訪れたタイ人女性のSNSがきっかけだった。

この件に詳しい森崎久美子さんによると「お参りすると不思議な効果があると言われており、私も実感しました。

小桜姫は、平安末期から鎌倉時代にかけて、三浦半島を治めていた当主の跡継ぎの嫁で、一族が滅亡してしまった後、数名の家臣と生き延び、三浦一族の弔いをしていました。村人は毎日祈りをささげる小桜姫の姿を見て崇拝が広がりましが、数年で病にかかり30代で亡くなってしまいました。ある日、大嵐で津波が押し寄せてきた時に、村人が亡くなった小桜姫に助けを求め祈ったところ、油壷の荒井浜だけ全く被害がなく無事でした。

そこから小桜姫信仰が始まり、諸磯神社の中に、若宮様として祀られました。

地元でも、あまり知らていませんが、江原啓之氏が、関東の三大弁天として一番霊験新たかと紹介しています」と話す。

小桜姫の祠は、民宿・海上亭の夫妻が長年守ってきた。タイでは、霊をテーマにした映画が大ヒットしたり、不思議なことに対する関心度が高い。

【編集:Kyo】

三浦小桜インターネット放送局 miura-japan.com

城ヶ島 チーム小桜 jyogashima.com

三浦小桜姫観光復活協会 www.kozakurahime.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です