浦島太郎の父親は三浦出身であった!


浦島太郎 伝説

横浜市神奈川区に伝わる話

 

慶運寺にある石碑

昔、相模国三浦に浦島太夫とよばれる人がおり、彼は仕事のため丹後国に赴任していた。その息子である太郎は、亀が浜辺で子供達にいじめられているところに出会う。(全国版と同じなので中略)老人になった太郎はある漁師から両親の墓が武蔵国白幡にあると聞いた。

この情報を聞いた太郎は急いで子安の浜に行き、両親の墓を探したが、なかなか見つけられない。それを見かねた乙姫は、松枝[6]に明かりを照らして場所を示した。やっとのことで墓を見つけた太郎はその地にをつくり、太郎はそこに住んだ。この庵は後に観福寿寺となるが、明治5年に廃寺になってしまう。しかし、聖観世音菩薩像が残り、神奈川区慶運寺に安置されている[7]

神奈川区は、浦島町・浦島丘・亀住町など浦島太郎にちなんだ名称があり、伝説の亀をマスコットとしている[8]

 

三浦 城ヶ島 小桜姫

🗾Miura

🏯Castle-Island

💠Kozakura-Princess

縁結び【出逢い 恋愛成就 結婚 子宝 繁栄 財宝】  http://www.kozakurahime.com/

img_10img_4img_2 img_1

http://blogs.yahoo.co.jp/pokochino6324/68643586.html

http://www.tesshow.jp/yokohama/kanagawa/temple_nanashima_renpo.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です