三浦絞り・三浦木綿(大分県・秋田県)


三浦絞り

大分合同新聞

三浦絞り

 

 

 

豊後絞り(ぶんごしぼり)は、豊後国(現在の大分県)で始められた絞り染め及びそこから発祥したとされる技法の名称。三浦絞りとも呼ばれる。大分県においては明治以降廃れていたが近年復興された。

沿革

豊後国高田荘(現在の大分市東部)では、鎌倉時代相模国から地頭として下向した三浦氏の一族によって、室町時代後期に木綿の栽培が始められたとされる。その木綿で作った布は「三浦木綿」と呼ばれて名産となった。江戸時代初期には、この三浦木綿を絞り染めの技法を用いて藍染めしたものが「豊後絞り」または「三浦絞り」と呼ばれ、特産品として全国に広まった。1638年に成立し1645年に刊行された俳諧書『毛吹草』には諸国の物産が収録されているが、この書において、豊後国の産物として絞り木綿が初出している。また、1803年に完成した『豊後国志』では、高田郷門田村で絞り木綿が生産されることが記されている。歌川豊国浮世絵には「ぶんご絞り染め」と書かれたものがあり、井原西鶴の文の中にも「豊後絞りの脇あけ…」といった表現が存在する。

豊後絞りは明治の半ばに姿を消し、昭和の頃には豊後絞りの名もほとんど忘れられていたが、平成に入ってから大分において染織研究家安藤宏子の指導の下地元の主婦らにより豊後絞りの復興が進められ、2008年には大分合同新聞社によりおおいた遺産の一つとして認定された。

技法の広がり

大分県内の別府で行われている別府絞り(地獄絞り)は豊後絞りの系統に属するとされ、明治の中ごろ豊後絞りが絶える頃に始まり、温泉客の土産物として発展したもので、現在も小規模ながら生産が続けられている。

また、江戸時代の初期、尾張国(現在の愛知県西部)に移住した府内藩の藩医であった三浦玄忠の妻によって、有松・鳴海(現在の名古屋市緑区)に豊後絞りの技法が伝えられたと言われている。有松・鳴海では豊後では豆絞りと呼ばれる技法が「ぶんご」あるいは「三浦絞り」という名前で代表的な技法の一つとして現在まで伝わっており、これらを扱う業者は「ぶんごや」と呼ばれる。有松・鳴海絞りは1975年に伝統工芸品に指定されたが、三浦絞りは指定を受けた技法の中にも含まれている。なお、同じ技法がさらに秋田県へも伝わっているがこちらでは鳴海から伝わったことから「なるみ」と呼ばれる。

Wikipediaより

 

三浦木綿

みうら もめん

 少なくとも16世紀後半頃から相模国三浦半島で生産され、周辺地域で衣類などに用いられるとともに遠方への贈答品などにも用いられた木綿布。

 慶長十九年(1614)の奥書を持つ『慶長見聞集』には、三浦の翁の語るところとして三浦木綿の由来が記されている。これによれば、大永元年(1521)春に武蔵の熊ヶ谷(熊谷)の市で「西国のもの」が売っていた木綿の種子を三浦の人間が買い取って栽培したのがはじまりで、これが成功して「三浦木綿」として諸国で珍重され、関東の多くの人々が木綿を着るようになったという。

 『慶長見聞集』は奥書の慶長十九年よりも後に書かれたもので、史料的価値は必ずしも高くはないが、木綿の種子が売られていたとされる熊谷には、天正八年(1580)の段階で木綿売買のための「宿」があったことが確認されており、ある程度の事実を反映しているものとみられる。

  また相模三浦郡野比の最宝寺に宛てた京都の按察法橋具明の年欠五月二十三日の文書には、最宝寺から「木綿卅端」が具明の主筋に贈られたことがみえる。文禄元年(1592)頃には、徳川家康が相模国海老名の総持院に宛てて、「三浦木綿」を贈ってくれたことへの礼状を送っており、この時期には三浦木綿が贈答品にも用いられる品質を備えてたことがうかがえる

三浦絞り(秋田県 平鹿郡 平鹿町 浅舞)PDF

 http://www.akihaku.jp/txt/some/note/miura.pdf

大分県大分市

秋田県横手市平鹿町浅舞

🗾三浦 🏯城ヶ島 💠小桜姫

http://www.kozakurahime.com/

小桜姫【恋愛運 縁結び 祈願成就】

城ヶ島龍神【成功運  財運】

三浦弁財天【金運 芸能上達】

天下統一ルート【勝運 天下運】

🗾Miura 三崎

🏯castle-Island 龍宮

💠Kozakura-Princess パワースポット

 

Facebook Page

三浦小桜姫観光復活協会ロゴ023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です